日本商工会議所が小冊子「今すぐ確認!中小企業・小規模事業者のためのインボイス制度対策」を公表

日本商工会議所が小冊子「今すぐ確認!中小企業・小規模事業者のためのインボイス制度対策」を公表

日本商工会議所は、来年10月から導入予定のインボイス制度について、具体的な対策をまとめた小冊子を公表しました。

ホームページから誰でもダウンロードができるようになっています。

特徴としては、3つのタイプの読者を想定し、それぞれ該当箇所を読めば対応策がわかるように作られている点です。
・赤タグ : 免税事業者からインボイス発行事業者になる者
・緑タグ : 課税事業者からインボイス発行事業者になる者
・青タグ : 免税事業者のままインボイス発行事業者にならない者

また、「免税事業者が取り得る選択肢の利益比較」として、個人タクシーを営む個人を例に
①インボイス発行事業者になり本則課税を選択して、消費税分を価格に上乗せした場合
②インボイス発行事業者になり本則課税を選択したが、価格を据置いた場合
③インボイス発行事業者になり簡易課税を選択したが、価格を据置いた場合
④免税事業者のままでいる場合(ビジネス街を主な商圏とする)
⑤免税事業者のままでいる場合(住宅街を主な商圏とする)
の利益比較をしている点も参考になります。

インボイス制度の論点をわかりやすくまとめており、最後には「インボイス制度 理解度チェックリスト」もあるので、この機会に知識の確認をしましょう。

詳しくはこちらから
日本商工会議所・小冊子「今すぐ確認!中小企業・小規模事業者のためのインボイス制度対策」