国税庁が「3月14日から発生したe-Taxの接続障害への対応等」を公表

国税庁が「3月14日から発生したe-Taxの接続障害への対応等」を公表

3月14日以降のe-Tax接続障害を受けて、国税庁がその対応方法について詳細を3月18日に公表しました。

まず資料「3月14日から発生したe-Taxの接続障害への対応等」では、次の点について説明があります。

<本障害の状況、解消・再発防止等の取組み>
(1) 本障害の状況
→3/14~3/15にかけて多くの人が利用したことが原因

(2) 解消・再発防止等の取組み
→運用事業者と検証し、今後解決策を実施

<納税者等の皆様への対応>
(1) 申告期限の取扱い等
→15日に「申告所得税、贈与税の申告・納付期限の個別指定による期限延長手続の具体的な方法」を公表
→さらに18日に資料「e-Tax の接続障害による個別延長手続に関するFAQ」を公表
→上記の方法で期限延長を行う期間を「令和4年4月15日(金)」までに決定。

(2) 65万円の青色申告特別控除の取扱い
→e-Taxができず3月15日までに「書面」で提出した場合も、後日「e-Tax」で再提出した場合は65万円控除が可能になる点を明示。

(3) 預貯金口座からの振替日
申告所得税は「令和4年5月31日」
※消費税(個人事業主)は本障害による期限延長の対象外(消費税は新型コロナウィルス感染症の影響による個別延長と異なる点に注意)

【PDF】国税庁「3月14日から発生したe-Taxの接続障害への対応等」

【PDF】国税庁「e-Tax の接続障害による個別延長手続に関するFAQ」

【PDF】国税庁「e-Taxの接続障害に伴う65万円の青色申告特別控除の取扱いについて」