国税庁から「消費税還付申告に関する国税当局の対応について」が公表

国税庁から「消費税還付申告に関する国税当局の対応について」が公表

国税当局では、消費税の還付申告において
・課税取引・非課税取引といった区分の誤り
・固定資産等の取得時期の誤り

などが見受けられることから、確認が必要な場合には還付金の支払いをいったん「保留」し、還付申告の原因を確認することが明示されました。

特に消費税の還付申告で「多額の還付」を受ける予定がある場合には、スムーズに対応できるように準備しておく必要があると考えます。

国税庁「消費税還付申告に関する国税当局の対応について」